女子会のときに鼻毛が出ていて笑いものにされました。

幼馴染の何人かで女子会をした時の話です。
久しぶりに会ったので懐かしい話で盛り上がっていたときに幼馴染の一人から「鼻毛が…」と言って指をさされてしまいました。

 

そういえば、女子会に行くためにメイクをしていた時、鼻毛が出ていることに気づいたのですがメイクを終えてから抜こうと思い、そのまま忘れてしまっていたのです。

 

指をさされてドキッとした私はすぐにトイレへ行き、鏡の前で鼻毛を抜きました。
鼻毛はいつも眉毛抜きで抜いていて、その時もコスメポーチの眉毛抜きを常備していたため、それで抜きました。

 

はさみで切るという方法もありますが、それですとすぐにまた伸びてきそうな気がするので私は抜く派です。
抜くのはすごく最初は痛くて大変でしたが体の力を抜くと結構痛くないです。

 

それから再び席に戻るとみんなはまだ鼻毛の話で盛り上がっていました。
昔、クラスメイトの○○さんがいつも鼻毛を出していたとか鼻毛にまつわる自分の失態話などが主でした。

 

一通りの話を終えるとまた私の鼻毛の話になり、みんなにからかわれました。
でも幼馴染なのでそこまで腹も立たず、場の雰囲気も和み、とても楽しい女子会になりました。
女子同士なのでまだ良かったのですが、合コンとかだったら大変だっただろうなと思うと安心にため息がもれました。

 

今ではその時の反省を生かして、大事な合コンや飲み会の前には必ず鼻毛脱毛に通うようにしています。

お互い様の恥ずかしい経験

ある日、会社の同僚の男性(少し気になっていいた方です)と休憩時間に話をしていた時のことです。
ご飯を食べてる時には気が付かなかったのですが…、食事も終わり、ふと彼の顔に目を向けると…
1本の黒い糸のようなものが目に入りました。

 

彼と話をしながらも、私の意識は、どんどんその1本の糸のようなものに行ってしまい…
彼が食事して下を向いている時を見計らい、その黒いひものような物体をまじまじと見ることに成功しました!

 

なんと…彼の顔にくっついていた黒いひもの正体は、彼の鼻から出ていた長い鼻毛だったのです。

 

そのまま、私は彼に伝えようかどうしようか、さんざん悩みましたが、結局言えず…
しかも今日に限って、私を見る彼の視線がやたらと多く…こんな日にがぎって…なんて思っていました。

 

その後ランチを終え、メイク直しをしようと思い、トイレで鏡を見ると…
私の鼻からも、彼の長さには負けますが、同じように1本の黒々とした鼻毛が顔を出していました。

 

あの時、彼が私の顔を見ていたのは、この鼻毛のせいだったのでした。
きっと、休憩時間の間中、お互いが相手にこの事実を伝えるべきなのかと、悩んでいたに違いありません。

 

それからは、毎日のメイク前には、電動の鼻毛カッターを使用しての鼻毛の手入れが欠かせないものとなりました。
もうあんな恥ずかしい思いしたくありません。

鼻毛処理は週1が目安

 私は昔合コンでちょうど盛り上がっていた時に、隣に座っていた男性が私の顔に急接近して来て、「意外と鼻毛が長いんだね」と言われてものすごいショックを受けました。

 

 そういえばその時期は毎日仕事仕事で忙しくて、きちんと顔の無駄毛処理や鼻毛処理といった基本的なケアをしばらく怠っていたので、きっと鼻から鼻毛がはみ出していたのだと思います。

 

 ただの鼻毛、されど鼻毛と嘆きながら、その日は一人おとなしく家に帰りました。
 その時隣に座っていた男性とせっかくいい雰囲気になってきていたところだったので、家に帰って鏡を改めて見て、自分のはみ出た鼻毛が悔しくて悔しくしょうがありませんでした。

 

 しかと鏡に映った自分の顔を隅から隅までチェックして、その日の夜はいつも以上に鼻毛と顔の毛をしっかりと剃って寝ました。
 私はどんな細かいパーツケアも手を抜いてはいけないという事をこの時に肝に免じたので、それ以来は隙のない全身ケアを心掛けるようになりました。
 それ以来今まで以上に鼻毛が気になるようになって、週に1回は必ず鼻毛処理専用シェイバーでしっかりと処理しています。

 

 たとえ下から鼻の穴を覗き込まれてもOKなぐらい、いつも私の鼻はつるつる状態です。
 もう決して鼻毛ごときで素敵な出会いをのがしませんようにと祈りながら・・・。

 

しかしもっと根本的な解決方法があることを知りました。
それがエステサロンPulitoの鼻毛脱毛です。

 

鼻セレブ脱毛は芸能人も行なっている鼻毛処理方法で、たった10分で芸能人のようにツルツルの鼻を手に入れられるんだとか♪
金額も試しやすい価格帯なので一度試してみたいと思います。

 

デート中の彼氏の一言に凍りつきました。

若いってだけで鼻毛とは無縁と思い込んでいました私。
あまり鏡で自分の顔ガン見する事が少なすぎたのがだめだったんですよね。

 

デートもはじめのうちは気合いれて、前日から毛の処理やら体重も少しでも減らしたりと努力してたんだけど馴れ合いになると適当になっていき、平気ですっぴんで会ったり洋服もいつも同じ(笑)そんなの繰り返してたらとうとう彼氏に言われてしまいましたよ(泣)

 

「鼻毛。」と一言・・。

 

もう空気がこおりつきましたよ私!!
しばらく自分から連絡もとれなくなり、別れも覚悟しました。

 

しばらくは女子力アップ目指して若干お金もかけ、脱毛、エステ、温泉、買い物などさぼってた事を全部復活!
この間より次会う時は絶対かわいくなってやると思ってひたすらダイエットも!!

 

鼻毛はとくに鼻を押して毛が出てないかチェックと鼻下もカミソリで綺麗に手入れを頑張りました。
どうにかこうにか別れずには済みましたが、今度はお金使いすぎな事にキレられましたよ私。

 

でも自分もこんなに努力してんだから、彼氏にも鼻毛と胸毛の処理を念入りに手入れしてくれないと気が済まなくなりました。
それが愛情確認の一つでもあるのかなーなんて本気で思いましたし学びました。

 

 

 

小さい頃のトラウマです。

日本人は鼻毛が出ている人をみてもなかなかしてきできないものらしいですね。
私も残念ながら言えない方です。
あとで鏡を見たら気づいてくれるよな〜と解釈して終わってしまいます。

 

私自身は自分の鼻毛は普段から気にしてる方ですね。
その理由は、ちょっとしたトラウマからですん。

 

たしか小学校の低学年ぐらいの頃だったと思うんです。
男の子と手をつないだりのおゆうぎをしていたときです。

 

「○○ちゃん鼻毛出てる〜おっかしいの(笑)」
たったそれだけ、それだけなんです。

 

特にほかの子に聞かれたということもないけど、ちょっと好きな男の子だったんですね。だからすごいショックで・・・。
子供心にすごく傷ついたのを覚えています。
無邪気に、単に教えてくれただけなんですけど忘れられないですね〜。
それ以来若干のトラウマです。

 

だから大人になった今でも鏡を見るとついつい鼻毛がでていないか気にしてしまいます。

 

特別な処理方法はとっていないと思います。
基本的に切る。
鼻毛カッターとかも考えたことがありますが、そこまで頻繁に切らなきゃいけないほどじゃないし。
もっぱら、ハサミでカットします。

 

ちょっと上を向いて、少しでも出そうだな、伸びてきたなと思ったら切っちゃいます。
それで今のところうまくやっていけている気がします。